藤森です。

ゴールデンウィーク直後、ちょうど後輩が山登ってる最中ですね。
にボランティア行ってきました。
(大学生は暇なのだよ)
石巻の水明ってところの児童公園のがれき除去ですね。

山岳部もがんばっておるようです。

         2011年度5月山行計画書
■目的地  扇山(山と高原地図27「高尾・陣馬」)
■集合  5月8日(日)鳥沢駅9:00集合
■参加者
高二
・中川 航輔 
・玉澤 芳樹
・菅澤 将大  
・佐野 悠太 
・平林 洸
・奥村 航
中三
・渡邊 耕坪 
中二
・難波 啓太 
・永川 直道  
・尾島 暢彦 
・吉田 直樹  
中一
・今井 健太        
・川口 航平       
・川崎 哲太        
・久保 俊太       
・後藤 光         
・渡辺 大祐        
・内山
・磯村 貴志
顧問
・野本 勇
・増子 寛
・江田 雅人        
・山廣 真之        
■記録
9:13鳥沢駅出発→10:05休憩→10:15出発→11:04休憩→11:15出発→11:31山頂→12:12出発→12:55休憩→13:05出発→13:50鳥沢駅
■反省文
高二
・中川
前回登ったときは花粉に苦しめられたが、今回は比較的快適に登れた。先頭が早すぎたことは事実だが、そのため走ったり段差をジャンプしたりする中一がいたため、指導の必要性を感じた。ともあれ、晴れて気持ちの良い山行だった。
・菅澤
遅刻者が高二にひとりだけいたので、流石に気をつけるべきだと感じた。
・佐野
日帰り山行の山コーラはビミョーだった。やはりあれは泊まりの山行だからこそのうまさなのだろうか…。
・玉澤
気温が高く疲れる山行でした。下りではお喋りに夢中になってペースが速くなりすぎてしまった。
・平林
今回の山行では、中一がかなり来たが、部活内でのルールを知らないので、怒られる人が結構いたのが印象に残った。立ち止まっても部長の許可がないとザックをおろしたり座ったりしてはいけないことがある上、下り坂は走ってはいけないなど、最低限教えておくべきだと思いました。それ以外は問題なかったです。
中三
・渡辺
今回の山行は中三が一人の山行だったが、天気も良く、良い山行だったと思う。中一はまだ山に慣れていないようだったが、頑張って欲しいと思った。
中二
・尾島
今回の山行は、天気も良く、忘れ物もせず、比較的良かったと思います。ただ、足の皮が剥けていたりしたので次回からは歩き方に気をつけたいと思います
・永川
自分の水を飲む早さがいつもより早かったので今度からは気をつけたいです
・難波
下り坂で先頭が早くて、それについていこうとしたため足が疲れてしまった。次からは気をつけたい。
・吉田
扇山は初めてでしたがなんとか登れました。ただ少し僕にとって下りが速くて、下り終えた時には足が痛かったです。
中一
・後藤
とても疲れたです。家に帰ったら、白くてきれいな靴下が茶色になっていたのでショックでした。
・久保
帽子を忘れたので暑かったのと、水分が足りなかったので、今度からはもっと持って来るようにしたい。
・川口
行きの上り坂を登るのがとても疲れました。また、気温が高かったのでとても疲れました。
・内山
行きに無計画に多量の水を飲んでしまい、後半に水を残したいです
・今井
登りの時に疲れて死にそうになって、水も無くなりました。しかし、先輩が水をくださって、下りの時は楽に感じました。先輩に感謝しています。
・川崎
初めて本格的な山登りでペース配分を考えずに歩いてしまい、行きだけでとても疲れてしまいました。次からはペースを考えて歩きました。
・渡辺
水を1Lしか持参ぜずに山頂に付く前になくなってしまったのが失敗でした。それでも先輩に水を分けていただきとても嬉しく思いました。


■全体の反省
中一は仕方ないとしても、地図をもってきている人間があまりにも少ないと感じた。夏合宿には必ず全員持ってきて、コースを把握して山に臨んでほしい。また、中一のほとんどが、とても暑い日差しの中で、水分の量の調整に失敗しているようだった。こういった経験を活かして、次の山行に活かしてもらいたい。