2013年度9月山行報告書

初めまして。この度代替わりし部長となりました尾島です。
今後ともよろしくお願いします。
九月山行については、代替わり直後の山行ということもあり、
色々ごたごたしてしまい更新が遅れてしまいました。
申し訳ございません。
ここでは、報告書と計画書を交えた構成でお知らせしたいと思います。

●目的地  大山(山と高原地図28「丹沢」)
●集合  9月22日(日)小田急線伊勢原駅北口08:50集合(08:40着あり。新宿07:41発)
●参加者
高1
・尾島 暢彦 
・永川 直道 
・寺元 亮  
・難波 啓太 
・茂木 武統 
・吉田 直樹  
中3
・内山 貴裕 
・川崎 哲太 
・久保 俊太 
・後藤 光  
・牧元 悠馬       
中2
・小林 将大 
・建石 航希 
・小田宗一郎 
中1
・土井遼太郎 
顧問
急な山行ということもあり同伴できませんでした。

●行程
09:05神奈川中央交通バス大山ケーブル行に乗車 ~ 09:22大山ケーブルバス停 ~ 女坂 ~ 10:30阿夫利神社下社 ~ 12:10大山山頂、大休止 ~ 12:40山頂出発 ~ 13:40阿夫利神社下社 ~ 男坂 ~ 14:20大山ケーブルバス停 ~ 14:42伊勢原駅行きバス乗車 
~ 15:09伊勢原駅着、解散
●個人装備
弁当、飲み物、雨具、ザック、ザックカバー、防寒具、帽子、替えの靴下・下着、タオル、トイレットペーパー、ナイフ、細引き、ヘッドライト、地図、軍手、磁石、ビニール袋、携帯電話、腕時計、日焼け止め、非常パック(レスキューパック{レスキューシート、固形燃料、ライター}保険証のコピー、常備薬、絆創膏、ライター、下痢止め、非常食、綿棒、予備の電池)
●備考
・バス代 伊勢原駅北口→大山ケーブル 300円 (要するに往復600円)
・バスは上下線ともに20分間隔です。行程におけるバスの時間に±20分したものと考えて下さい。

記録

当日は、畔が丸、トレーニング山行、夏合宿と続いていた山行が嘘のような快晴でした。
大山は都心から近く、さらにケーブルカーも走っているような観光地であるため、山行中は観光客で大賑わいの中を歩くこととなり、山岳部員的には珍しい山行となりました。

9時52分バス停出発
10時37分から47分休憩
11時39分から49分休憩
山頂到着、12時30分から1時00分大休止
1時50分から2時00分休憩
2時30分バス停到着
2時42分バス停出発3時10分伊勢原駅到着

反省文

高1

尾島
初めての部長としての山行として、今後が問われるものとなりました。
今回の山行では、天気にも恵まれ、幸い大きなアクシデントもなかったものの、
他の高1に頼る場面が多く、指導力不足を実感しました。
また、自分も含め、高1全体が最高学年の意識を持って行動しているか甚だ疑問に思いました。
今後、11月には一泊二日の山行、12月には冬合宿を行う予定なので、その辺については大いに反省し、
改善していかなければならないと思いました。
元々この山行は、計画が実行の約一週間前とかなり急ピッチで行われたものなので、
顧問が同行できないなど、多くの問題を抱えていました。
今後は早めの計画、そして早めの準備を行えるよう頑張っていきたいと思います。
全体としては、オーダーもそこまで乱れず、ペースは若干速かったものの、いい山行であったのではないか
と思います。

吉田
初めて、自分達の代で計画した山行だったので、心配でしたが、大きな事故もなく終われて良かったです。ただ、下山時のペースがかなり早く感じました。

難波
今回、登山靴の中に中敷きを入れ忘れるという暴挙を犯してしまった。
日帰り山行だったため何とかなったが、これが合宿だったら全体に迷惑をかけてしまった。
これは最高学年としてあるまじき行為である。次からは気を付けたい。
全体としては、マナーが悪かったことが挙げられる。
まず、大半の部員が挨拶しなかった。大山は観光地であるためむやみに挨拶する必要はないが、挨拶されたら返すことはマナーであるため、守ってほしい。
また、下りで階段を走っていたが、「登山」をする際にはやってはならない行為である。
この山行で、山岳部そのものがたるんでいるように感じられた。
自分を含めて、以後引き締まり、考えて行動してほしい。

寺元
今回は代替わりしてから始めての山行だった。しかし夏休みに運動しなかったせいで体力が落ち、少し列から遅れてしまうことがあった。また水分もやや足りず、他の人から貰うことになった。最高学年としての自覚を持ち、今後気をつけたい。隊列が乱れたり、あいさつをしない人がいたりと反省点は多かったと思う。合宿までによくしていきたい。

茂木
50分集合に対し、52分に来てしまいました。すみません。
バスが頻繁に来たので、人が多いにも関わらず、スムーズに集合・解散できたのでよかったです。

永川


中3

内山
先頭を歩きましたが、下りの階段でペースが上がってしまいました。結構段差が大きかったので危なかったです。
人を抜かすか追うかの判断で迷う場面が多かった。

川崎
今回の山行では、個人的な反省点が多かった。
まず第一にトランプを落としてばら撒いてしまったこと。僕の注意力が足りなかった結果だ。取ってくれた先輩には本当に申し訳なかったと思う。
次に、持ってくる水分が少なすぎたこと。久しぶりの月例山行で勘が鈍っていたのかもしれない。
冬合宿ではこのようにならないようにしたい

久保
タオルを忘れてしまったのと、水が少し足りなかった。今回事前の準備がかなり適当だったので次から気を付けたいと思う。

後藤
帰りの先頭で走ってしまい、列が縦に広がりすぎてしまいました。いい経験になったかなぁ、と思います。
また、日帰り山行であってもスニーカーではなく、山岳靴を履いて行くべきでした。気をつけようと思います。

牧元
まず一本遅れた事をお詫び申しあげます。
今回は山岳部に入って3回目の山行でしたが、日帰りだと言うのに疲れた事が心残りです。
今後も部活での階段走はしっかりと取り組みたいです。
晴れで景色が綺麗に見えたのはこれが初めてだったので良い山行になったと思います。

中2

小林
反省会は用事があって出られませんでした。遅れて申し訳ありませんでした。
夏休み明けで体力が低下していて疲れてしまったので日々のトレーニングを努力しようと思います。
久しぶりの晴れで景色も良くて気持ちよかったです

小田
久しぶりの山行だったが、しっかり登れた。爪が痛かったのて、次は爪を切っていきたいと思う。

建石
予定の電車に乗り遅れそうになったので、次は気を付けたい。
またその日の天気を確認して、持ってくる水をもう少し増やすべきだった。

中1

土井
水が少なかったので次からは多めに持って行きます。


全体としての反省

・水不足に注意する
・ペース配分に気を付ける
・ちゃんと登山靴を履いてくる
・ザックから行動中に荷物を取り出さない
・挨拶をされたらちゃんと返す

こんなところでしょうか。今回は目立った遅刻者はいませんでしたが、中央線などの本数が限られるところでは命取りになるのでぜひ気をつけてもらいたいところです。
次は泊まりがけです。今回よりも意識を高くしてほしいと思います。


photo_2
頂上からの写真です。晴れたため遠くまで見ることができました。


photo_1
頂上での集合写真。周りはとても混雑していました。