尾島です。
遅れましたが続けてB班です。

 目的地  赤城山(山と高原地図20「赤城・皇海・筑波」)
 日程   12月22日(日)~24日(火) 
 参加者
  中3
  ・牧元 悠馬 
  中2
  ・小田宗一郎 
  ・小林 将大 
  ・佐藤 薫
  ・長谷川篤紀 
  ・福田 英史 
  顧問
  ・山本先生    
  ・太田先生    

 記録
  22日
   12:30赤城山ビジターセンター ~ 13:09赤城山キャンプ場、幕営
  23日
   06:24赤城山キャンプ場 ~ 08:13地蔵岳 ~ 09:57長七郎山 ~ 
   11:05ビジターセンター ~ 12:12赤城山キャンプ場
  24日
   06:11赤城山キャンプ場 ~ 黒檜山登山口 ~ 07:43黒檜山 ~ 
   09:38赤城山キャンプ場、天幕撤収  ~ 11:03キャンプ場出発 ~ 
   11:42ビジターセンター、解散

この山行について、行っていない僕(尾島)としては聞いた話でまとめるしかないが、
リーダーであった小林、そして唯一の最高学年であった牧元は非常にうまくやってくれたらしい。(顧問談)
これはとてもすごいことだと思うし、感謝します。ありがとう!
そしてこちらもA班と同様に非常に良い天気、そして雪質に恵まれたらしく、
計画書より非常に速いペースで周ることができたという。
とはいえ二日目のコースはあまりメジャーではないものであるため、ひたすら
先頭がラッセルをしていたという。(こうやってみるとA班よりきついかも…)

このように特に問題もなく、非常に良い山行だったといえるのではないでしょうか。


反省文

 中3
  牧元
   今回の山行では僕は基本顧問の先生方と中2の成長を見守るという姿勢をとりました。
   互いを助け合い議論もまとまっていたので素晴らしいと思います。
   只、事前にルートと行程は抑えてしっかり地図を持っていきましょう。
      
   さて、僕は初めての合宿でしたが中2に色々な事を学んだ山行だったと思います。
   そして中2が壁なく接してくれたおかげで楽しむ事ができました。
   これからの山行に是非生かしていきたいと思います。

 中2
  小林
   今回はB班の班長として合宿に参加しました。貴重な経験となりましたが、反省点も
   多くありました。ひとつは、2日目の起床時間が遅く、予定の出発時間より20分程
   遅れてしまったことです。また、2日目の地蔵岳は、展望台の近くの道を通るはずが、
   もうひとつの道を通ってしまいました。来年度は中3になり、後輩も増えるはずなので、
   起床時間は最低限守る、道は把握しておくくらいはしておかなければいけないと
   思います。それでも、テントの撤収や、3日目の朝はスムーズに行ったし、何より景色や
   樹氷がとても綺麗で、無事に帰れたので良い合宿だったと思います。
  
  小田
   今回は2泊3日の山行でしたが、特に関係なく終われました。昼の行動中は特に
   問題なく、夜はとても寒かったですが、しっかり防寒できていたのであまりダメージは
   ありませんでした。また続けていきたいです。
   
  佐藤
   全体を通して天気が良かった。景色もよく、中々楽しい山行になった。
   そのせいもあり、疲れることなく登ることができた。
   荷物忘れもなく、欠席者の分のだんそうを合わせても、上手く荷造りする事が出来た。
   リーダーの代わりに記録をとったり、中2と顧問だけでテントで過ごしたりと、
   初めての事が多かったが、大きな問題なく出来たと思う。
   
  長谷川
   寒かったけど、楽しかったです。水をこぼしたので気を付けたいです。
   
  福田

写真
 太田先生からご提供を受けました。有難うございます。
22日
DSC01280
前橋駅の集合風景かな?
DSC01294
赤城山ビジターセンターからの移動風景かな?
DSC01305
整地した後のテント設営風景
23日
DSC01315
準備体操風景
DSC01320
きれいな所を通っていきますね~
DSC01334
凍りついた電塔群
DSC01339
地蔵岳にて集合写真。逆光の感じがまたいいかもしれない。
DSC01353
長七郎山にて。後ろにさっきいた地蔵岳が見えます。
DSC01355
帰り道かな?
DSC01368
おいしそうな夕飯ですー
24日
DSC01370
休憩風景
DSC01374
赤城山主峰黒檜山での集合写真
DSC01377
山頂での風景かな?
DSC01388
やっぱり主峰は違いますねー
DSC01396
お疲れなのかな?