尾島です。
何とか一月中にアップすることができました~

目的地  甲州高尾山(山と高原地図24「大菩薩嶺」)
集合   1月19日(日)勝沼ぶどう郷駅09:15集合
日程   1月19日(日)
参加者
    高1
    ・尾島 暢彦     
    ・寺元 亮  
    ・難波 啓太 
    ・茂木 武統 
    ・吉田 直樹 
    中3
    ・内山 貴裕 
    ・岡田 泰裕 
    ・川崎 哲太 
    ・久保 俊太
    ・後藤 光 
    ・田邊新之助          
    ・牧元 悠馬 
    ・渡邊 大祐 
    中2
    ・小田宗一郎 
    ・小林 将大 
    ・福田 英史 
    中1
    ・土井遼太郎 
    顧問
    ・江田 雅人先生        

記録
09:40勝沼ぶどう郷駅 ~ 10:00大滝不動尊前宮 ~ 11:00大滝不動尊 ~ 12:00甲州高尾山頂上 ~ 13:00柏尾山 ~ 13:30五所神社 ~大日影トンネル遊歩道を行く ~ 14:30勝沼ぶどう郷駅着、解散

  全体の反省
    今回は日帰りで天気も良く(天候はここ最近わりと恵まれてる気がする…)、
    大きな問題点は特になかったと言えるだろう。
    とはいっても小さな問題はちらほらあったのでそれを挙げてみようと思う。

   ①最高学年(高1)の意識の低さ
    下級生はちゃんと来ているというのに、上級生は遅刻したり、
    また当日になってドタキャンなど、責任感をちゃんと持っているのか
    はなはだ疑問に思う点がちらほらあった。自分たちが下級生の見本なんだと
    いうことをもっと自覚してほしいと思う。
   ②先頭のペース調整
    今回は中3の二人に先頭を任せたが、初めてであったということもあり、
    ペースが暴走してしまっていた。僕自身(尾島)がそうであったように、回数を積めば
    要領が分かってくると思うので、次回からに期待したい。
    道についてはほぼ迷わずに行けたので良かったと思う。
   ③トンネル内での隊の分裂
    これについては、先頭が速かったというだけではなく、後ろの方の人が
    写真を撮りつつゆっくりしてしまったことに問題がある。(例えば尾島とか…)
    最後だからといって気を抜かずに山行の行程の途中だと思ってこれからは
    行動する必要があるだろう。

    こんなとこですかね。小さな事とはいえ、ちりも積もれば山となるので、
    一歩一歩着実に改善していきたいですね。積雪もあんまりなく、
    アイゼンを使わずに終わったことは良かったのやらどうやら…

  反省文
    
   高1
    尾島
     今回の山行において意識したことは、冬合宿をふまえ、的確な指示が
     出せるようにしようとした点である。ある程度前もってどのような行程になるか
     想像はしていたのだが、新入の二人も普通に速いペースで歩いていたため、
     案の定速いペースになってしまった。前述の遅刻のため良かったといえば
     良かったのだが、なるべく計画書通りに動いてほしいものである。自分自身も、
     もっといろんな状況で対応できるようこれからも邁進していきたいと思う。
     また、想定ではもう少し雪が積もっていると思っていたが、そんなことはなく、
     凍結箇所もほとんどなかった。部員の中にはこの行程では少し物足りないと
     思う人もいたのではないだろうか。とはいえ、山ではやはり安全第一である。
     これからもそれを第一に、無理のない行程を立てていきたいと思う。
    寺元
     今回の山行は天候に恵まれ非常に歩きやすかった。
     高尾山という名前の通り易しい山だったので景色を楽しむ余裕もあった。
     しかしその反面歩きやすいがため先頭のペースが速くなり後ろが追い付かない
     場面もあった。また、甲州の山で平成に入ってから4回も大規模な山火事があった
     と聞いて驚いた。山に行くときは火の管理に気を付けたい。
    難波
     今回、最高学年が当日キャンセルや遅刻をしていた。山を登る云々ではなく、
     部活の中で見本とならなければならない立場であるので、しっかりしてほしい。
     また、下りのペースが速かったり、トンネル内ではあまりにも遅く歩いたり走ったり
     している部員がいた。登山道ではないにしろ、山行の行程内であるのでオーダーは
     守らなければならないので、部全体で反省したい。登山自体の内容は、天気もよく、
     綺麗だったので良かったと思う。 
    茂木
     今回の山行は日帰りの月例山行でしたが、全体として大きな問題はなく、また、
     天候もよかったため、良い山行になったと思います。今回は月例山行としては
     遠めで 山自体にかけられる時間が少なめでしたが景色もよく、良い計画で
     あったと思います。今回唯一の反省点は遅刻者がいたことですがそれは私です。
     この場でも重ねて謝罪させていただきます。すみませんでした。今回はバスなどの
     公共手段を用いず、山へ行くことが出来たので大事には至りませんでしたが、
     バスなどを使う場合、山行自体をなくす、大変なミスである事は自覚しています。
     今後気を引き締め、このようなことがないように努めたいと思います。
     すみませんでした。
    楊
     寝坊して山行をキャンセルすることになってしまい、すみませんでした。
     今後このような事がないように気を付けます。
    吉田
     今回の山行は天候にも恵まれ、とても気持ちのいい山行でした。ただ、靴紐の結びが
     甘かったらしく、靴ずれを起こしてしまったので、以後気を付けます。

   中3
     内山
      靴の締まりが緩かったのでつま先が少し痛く、さらに最後の方で紐が
      ほどけてしまった。歩き始める前にもう一度確認しようと思う。
     岡田
      今回が初めての山行だった。最近運動してなかったので最初の上り坂の
      アスファルトの上り坂が疲れました。ちゃんとロードレース走ろうと思います。
      山行は楽しかったです。
     川崎
      今回の山行は特に注意するところもなく楽しめたと思う。ただある程度は
      仕方がないがトンネルで列が乱れてしまったのが少し気になった。
      少なくとも最後尾の声が聞こえるように先頭は歩くべきだと思う。
     久保
      そこまでキツイ山行ではなかったので楽しく登れた。ただ、最後のトンネルを
      速いペースで歩いたのは良くなかったと思う。
     後藤
      行きの電車の中では、山中はだいぶ雪が積もっているかもしれないと
      心配しましたが、思っていたほど雪は降らず、天候に非常に恵まれて
      良かったです。先頭を行く経験が少なかったとはいえ、牧元君のスピードは
      早すぎたと思います。
     田邊
      今回が初めての山行だった。天気が良くきついものではなかったので
      楽しく登れた。これからも頑張りたい。
     牧元
      今回の山行では初めて先頭を勤めさせていただきました。
      登山道に入る道を見落としかけたことや、ペース配分が取れていなかった点は
      今後の課題として取り組んでいこうと思います。
      中3、高1の皆様は論文の締め切りも相まって疲労感が溜まっていたと
      思われますが、それでも今回の山行は特に問題もなく楽に行けたので、
      良いリハビリになったと感じます。
      問題があるとすれば大日影トンネル内での行動が今回の問題かと思います。
     渡邊
      今回は先頭を務めました。しかし、ペースが速かったり、道を見落としかけたりと、
      色々課題が見つかったように思えます。新年最初の山行は山の楽しさと課題が
      見つかったものでした。気を引き締めて、今後の山行に臨みたいと思います。

    中2
     小田
      今回の山行は天気も良く、楽しかったです。特に問題点はありませんでしたが、
      体力をもっとつけていきたいです。
     小林
      今回は天気が良く、 眺めも良くて楽しかったです。
      最後ペースが乱れたのは良くないと思います。
     福田

    中1
     土井
      今回はペースも乱れず、うまくいったと思います。     

  写真コーナー

P1190201
 駅前から大展望が広がります

P1190202
 準備体操の様子 

P1190206
 道中でも所々景色がいいです

P1190209
 赤い門をくぐるとそこには…

P1190218
 氷瀑がありました 

 P1190219
 (展望のない)展望台付近で休憩し

P1190230
 尾根上へ。素晴らしい景色が広がります。

P1190234
 甲州高尾山頂にて

P1190238
 ここの展望がいいのは山火事の影響のようです。

P1190246
 気持ちの良い道を進みます

P1190266
 大日影トンネルに入っていく一同

P1190281
 出てきました~

P1190285
 駅前で解散しました。