DSCF3160


どうも、牧元です。

遅れてしまいましたが、2月山行の報告書を上げたいと思います!

今回の山行、なんとOB会会長の鮫島さんも急遽ご一緒することになりました。


さて、我が麻布学園では現在、試験に文化祭にと大変慌ただしい時期を迎えております。

そうです。
今こうして筆をとっている私も、三日後には試験という現実が…

皆さん、反省文や記録の提出はお早めに。
私の試験の点数がゴリゴリと…あれ?なんかデジャブ



・目的地  入笠山(山と高原地図「北岳・甲斐駒」)

・集合   2月22日(日)中央本線富士見駅10時00分集合(新宿7:30発特急あずさで9:42着、普通
       の場合新宿6:00発で9:51着)

・参加者

高1
L・川崎 哲太
SL・久保 俊太
・内山 貴裕
・清水 爽矢
・牧元 悠馬
中3
・小原 健人
・小田宗一郎
・小林 将大
・建石 航希
・長谷川篤紀
顧問
・江田 雅人 
・山本 哲裕   
・山内 崇史  
OB
・鮫島 員允

・記録
10時過ぎ、富士見駅からタクシーで沢入へ

10:34発(沢入)
11:25着(小休止)
11:35発
12:15着(アイゼン装着)
12:22発
12:27着(山頂)
12:35発
12:44着(大休止)
13:22発
13:44着(わかん外す)
13:53発
14:32着(沢入)

ここから予約していたタクシーで富士見駅に15時頃到着。

・備考
まずタクシー代についてですが、鮫島さんの御車に7人ほど乗せていただき、
当初の予定より大分低くなりました。(具体的には一人1500円⇒600円)

改めて有難うございました。

さて、山行についてですが、雪もたくさん積もっていてなかなか練習になったのではないかと
思います。
今回の山行を通じて浮かび上がった、来る春合宿に向けての改善点としては、

①アイゼン、わかんを素早くかつ取れにくいようにつけること
②OBの方に頼りすぎないこと

が一番重要な点かと感じます。
中1や中2が参加できなかったこともあり、春合宿に向けての課題は多そうです。

詳しくは以下の反省文をどうぞ!!


・反省文

中3

小林 今回の山行はわかんを装着しての歩行がひとつの目的だったが、装着するのに時間がかかってしまったうえ、金具での紐の取り付け方を間違い、わかんが緩んでしまった。それ以外は総じて良い山行になったと思う。
小田 今回の2月山行は、わかんやアイゼンの使い方を復習しようという山行だったが、自分としてはとても有意義な山行になった。春合宿も近いので、防水対策のできていなかった夏合宿など苦い経験を思い出してよりよい準備をしたいと思う。

小原 今回は入笠山への山行だった。山行中の特に重要な反省点は無かったと思う。準備に関しても不充分なことは無かったし、遅刻なども無かった。ただ先頭を任されたときに進む道の選択が不安だったので、事前にもっと地図を調べて道を叩き込んでおくべきだった。また先頭を交代するように言われたときに中3内での意見がまとまらず、全体に迷惑をかけてしまって申し訳なかった。また、今回は中3が遊んでいることが多かった。雪合戦や雪滑りなど。今回は特に問題となる事態には発展しなかったが調子に乗りすぎないようにTPOを弁えて行動していきたい。

長谷川 今回は行程が短かったので楽だった。
反省点は多分ありません。

建石 今回は天気が怪しかったですが、大崩れしなくてよかったです。反省点は、わかんの装着スピードです。雪上では手がかじかみ、些細なことも手間取ってしまうので、春合宿では気をつけなければいけないと痛感しました。

高1

清水 今回の山行は雪に対する興奮から始まりました。都会では滅多に降らないので、そして久しく触れていなかったので、それはかなり大きなものでした。初めの休憩の時に雪玉を作ったことから始まり、大休止の時に雪だるまを作ったところまで、実際雪で遊ぶことは大変面白く、冬山のひとつの魅力ではないか、と思いました。しかしそれは同時に、反省もうみました。雪に限らず、景色など、山の魅力に囚われて、注意力が散漫になることへの反省です。具体的に何か問題があったわけではありませんが、山行を楽しみつつも、周りのことへの配慮にも気をつけたいです。
 他では、アイゼンの取り付けが不慣れだったことによって度々歩みを止めてもらうことがあったので、今後はそのようなことがないよう気をつけるとともに、他の登山用具の使用法についても、事前に少なからず身につけておきたいです。

久保 今回の山行では道を把握できていない節があったので反省したい。
それ以外では多少浮ついていたところがあったかもしれない。
それを除けば天候も予想されていたほど悪くはなく楽しい山行ではあった。

牧元 今回の山行では、アイゼンとわかんの練習を行いました。
自分個人としては、早く付ける事を優先した結果、歩行中にアイゼンが取れてしまい、結果的に隊自体を遅らせてしまいました。
アイゼンは時間をかけてもしっかりと装着する事を心掛けたいです。
全体としては、下りの時にややふざけている隊員がいたので、注意していかなければならないと思います。

内山 今回は風邪を引いた中での山行となった。体調管理に気をつけたい。風邪で来られなかった人も多かったので、この時期は特に気をつけたいと思う。
下山するときに何度か道を間違えたので、雪山を降りる練習が必用なのかと感じた。

川崎 今回はアイゼン、わかんを使った歩行の練習ということだったが、なかなか有意義なものになったと思う。
アイゼン、わかんの装着速度が遅く、また、途中で靴から外れてしまう人が散見されたので春合宿にはより良くなっていることを期待したい。
その意味では、下級生である中2中1の参加がなかったことは非常に残念だ。今回山行に参加した人もしなかった人も家で何度か装着の練習をしてほしい。
ここからは僕個人の反省になるが、今回の山行ではOBの鮫島さんに同行して頂いたのだが、コース選択において鮫島さんの助言に頼りきってしまっていた。入笠山頂への道が歩道と車道で二つあるということすら知らず、事前のリサーチ不足を痛感した。
次は春合宿。今回のようなことがないようにしたい。


・ふぉとこーなー

DSCF3140

出発点の富士見駅

DSCF3141
DSCF3143
DSCF3145

こんな感じで登っていきます。

DSCF3147

鮫島さん&顧問の方々。

DSCF3148

有名な道なんですかね…?

DSCF3150

湿原に突入。平たくて歩きやすいところです。

DSCF3151

妖怪出る件。

DSCF3153

DSCF3154

一瞬だけ晴れました。
いい景色ですね。

DSCF3157
DSCF3158

山頂より。残念です。

DSCF3163
DSCF3164

湿原まで下っていきます。

DSCF3169
DSCF3170

奇跡の晴れ間。わかんを外していますね。

DSCF3171
DSCF3172

こんな感じで入沢まで下山しました。


最後にこれを!
DSCF3162

わずか10分で作ってしまったS隊員。
しかも彼、素手です。すげぇ。