どうも皆さん牧元です。

遂に2学期が始まりました。9月山行もあります。
でもまだ夏合宿報告書と8月山行報告書が上がりっきていません。

非常にまずいです!!



DSCF3567
この日もよく晴れました。

DSC04661
朝日を受けるテント達。

DSC04658
テント場の西側ですね。

DSC04659
ことらは南東側ですね。

DSC04657
非常にまぶしそうですね。

DSC04672
水汲みに行ってくるようです。

DSCF3572
30分ほど下ったところに水場がありました。水場の下を流れる川ですね。

DSCF3573
少し曇ってきました。

DSCF3574
ここから水を手に入れます。コップが備えてありますね。

DSC04674
サーフィン…?

DSC04681
なんとここまでスイカを運んできた猛者が!
みんなで美味しくいただきました。

DSC04685
集合写真太田さんVer.

DSC04692
集合写真を撮ったり休んだりでいつの間にか4時くらいに。夕食をつくってますね。


4日目
DSC04711
この日は朝から雨が降っていました。

DSCF3581
早々と撤収して西岳を目指します。

DSC04717
B班とはここで分離しました。

DSC04723
尾根道を行きます。景色は良くないですね。

DSCF3582
雨の中休憩を取りました。雨の時はあまり休憩を取らないようにします。

DSCF3586
残雪が結構ありましたね。

DSCF3588
草原が広がっていて雨でも中々綺麗ですね。

DSCF3590
残雪2。

DSCF3592
「廃道通行止」

DSCF3594
残雪3。

DSCF3595
とりあえずは大天井岳の山小屋「大天荘」を目指します。

DSC04740
もう一回休憩をとります。次の休憩は大天荘ですかね。

DSCF3596
この写真、雷鳥が写っているのがわかりますかね?

DSCF3597
ズームするとこんな感じです。

DSCF3598
近くに3匹組もいました。

DSC04751
親子もいたようです。

DSC04755
大天荘に到着!

DSC04756
看板ですね。

DSC04757
ここで太田さんと小林さんが予定通り下山するため分離しました。
変わって加わるのが写真の山哲さんと江田さんですね。

DSC04758
太田さん撮影の某O田君。なんかすごいぶれ方してますね。


翌日の予報が雨であり、雨の日に東鎌尾根は回避したかったので、
「今日西岳に行っても明日はどうせそこで停滞するんだし、だったら今日はここで泊まって明日西岳に向かったほうが停滞日を減らせる」
といった考えなどからこの日は結局大天荘で幕営することにしました。
DSCF3600
これは新品のヘッドですね。まだ煤がついてないですね。


そしてその夜も次の日も雨がひどく5日目からは写真が減ります。(太田さんがいなくなったのが一番の原因です)


5日目
朝は雨がひどく写真を撮っている暇はありませんでした…。
DSCF3601
いきなり歩いている場面からですね。
顔に見える…?

DSCF3603
今日も尾根沿いを行きますが、昨日よりは明らかに急でしたね。

DSCF3604
これでも雲が開けたところをとりました。

DSCF3605
崖にはお花畑が。

DSCF3606
ビックリ平着。虫がかなり多かったですね。

DSCF3607
大体こんなもんでした。

DSCF3608
いい尾根道ですね。

DSCF3609
休憩してます。雨が止み始めてますね。

DSCF3610
雲の切れ間と江田さん。

DSCF3611
ハーフ山哲さん。

DSCF3612
西岳ヒュッテ着。当初予想に反して天気は良くなってまいりました。

DSCF3613
西岳道中より西岳ヒュッテ。

DSCF3616
高瀬ダムが見えてます。

DSCF3617
西岳山頂に着きました。

DSCF3618
A班集合写真。

DSCF3620
山岳部のGTO。

DSCF3623
こんな道を歩いてきたわけです。

DSCF3625
岩質はこんな感じ。


この後日が照って装備も乾いてきたため、この日中に分隊して東鎌尾根を経て槍ヶ岳山荘に向かうことにしました。
また、西岳ヒュッテにテントがいつ張れるかわからなかった(ヘリの発着時間が不明)というのも大きな理由です。


DSCF3627
ここからが険しい道です。

DSCF3628
“山の中”という感じですね。

DSCF3630
北鎌尾根ですね。一応歩けるには歩けるそうです。

DSCF3631
双六岳方面です。

DSCF3632
まだ距離がありますね。

DSCF3634
「みなまたのっこし」

DSCF3635
これが北鎌尾根と高瀬ダムに続く道です。

DSCF3636
これでもゆるい方です。

DSCF3637
そろそろはしご地帯です・

DSCF3638
かの三連梯子ですね。よくこのアングルで見かけます。


奥のはしごの先は広々としており、休憩にうってつけでした。
しかしそのすぐ脇には…?


DSCF3639
かの垂直梯子ですね。結構迫力がありました。
二段になってるのがわかりますかね。

DSCF3640
先を急ぎます。

DSCF3641
ほんとにはしごが多い所です。

DSCF3642
亡くなった方にご冥福を。

DSCF3643
常念岳
ですね。もうだいぶ遠くに見えます。
手前は西岳ヒュッテですね。

DSCF3644
巻道がきれいに見えてます。

DSCF3645
三度目の休憩。全力の変顔ですね。

DSCF3646
そして冷笑。

DSCF3648
岩に咲く花。

DSCF3651
またも北鎌尾根です。

DSCF3656
団体さんが迫ってまいりました。頼さんとCCレモンに纏る因縁が…?

DSCF3657
これは殺生ヒュッテですね。

DSCF3660
隊をまとめていざ槍ヶ岳山荘へ。もうだいぶ近いですね。

DSCF3663
岩に咲く花②

DSCF3666
霧が出てきました。

DSCF3667
皆肌は日焼けでボロボロです。

DSCF3668
小屋手前。



次はいよいよ合宿最終報告です!