どうも皆さん牧元です。

夏合宿から三月、8月山行から二月が経ちましたね。
先月27日の9月山行で僕等の山岳部での活動も終結いたしております。

…運動会学年旅行中間テストが更新できなかった言い訳です。orz

では参ります。
槍ヶ岳山荘は風がかなり強かったですね。



DSCF3669
朝のテント場から。

DSCF3671
暗さと風で手前はほぼ取れません。

DSCF3674
常念岳と殺生ヒュッテが綺麗に見えていますね。

DSCF3677
だんだんと明けてきました。

DSCF3678
朝の槍ケ岳。近くで見上げると、なかなか迫力がありますね。

DSCF3680
人が多かったので日の出は回避します。

DSCF3681
富士山もきれいに見えました。

DSCF3701
山頂付近は混んでそうな雰囲気です。

DSCF3702

黄昏人その1
DSCF3704

その2


ぼちぼち出発します。
ここでも隊を先後発に分けて登ることにしました。

DSCF3711
登りはこんな感じです。あまり怖くはなかったですね。

DSCF3712
いい感じに隙間があると登り中でも双六岳方面も見えました。

DSCF3714
ここまで約30分。混んでいなければもっと早いはずです。
山頂まであと少し。

DSCF3727

念願の槍ヶ岳登頂。先発隊の集合写真ですね。

DSCF3725

こちらは高校1年生ver。

DSCF3718
穂高連峰方面の写真ですね。

DSCF3737
奥の方に御嶽山が見えました。

DSCF3717
こちらは双六岳方面のもの。

DSCF3721
前日までに通った尾根の様子です。右奥に常念岳が見えてますね。

DSCF3739
小屋前で体操をする後発隊。

DSCF3740
下りの時に前の人たちを後ろからサポートしていた方。

DSCF3741
下山中に上を向いて一枚。傾斜のきつさが分かると思います。

DSCF3743
下山途中から見た穂高連峰。きれいですね。

DSCF3745
下山してきたところ、麓から来ていた荷運びのヘリが来ていました。ホバリング中にドアガンガン開けちゃってますね。

DSCF3747
これにて槍ヶ岳ともお別れです。ありがとうございました。

DSCF3750
今合宿は本当に天気に恵まれました。

DSCF3752
出発直前のI隊員。なんかきつそうですね…。


ここからは西鎌尾根を歩いていきます。

DSCF3753
ここは槍ヶ岳から二時間弱程のところです。久々に緑が見えてますね。

DSCF3754
左奥のなだらかな山が双六岳ですね。

DSCF3755
こちらは今朝発った槍ヶ岳。めちゃくちゃいい形してますね。

DSCF3756
なぞの登山靴(片方)。
ここで果たして何があったのか…。

DSCF3759
カメラ目線かつ真顔ですね。彼が次代のブロガー(笑)です。

DSCF3760
この辺りは歩きやすい尾根道でした。

DSCF3761
正面の山だけ地質が違うようです。

DSCF3762
開けた所に出ました。看板もいい絵になってます。

DSCF3765
双六小屋手前の樅沢岳を通過します。


この後、各テントが天幕場に張り終わり次第双六岳にアタックしに行きました。

ちなみに、僕はここで風邪が悪化したためお留守番をしていました。


DSCF3766
始めの登り。ここを過ぎれば後はもうなだらかです。

DSCF3767
こんな感じに。

DSCF3768
設計がたくさん見られましたね。

DSCF3770
本当に平ですね。

DSCF3771
ん?

DSCF3773
山頂の集合写真ですね。当然僕はいないです。

DSCF3774
水晶岳方面でしょうかね。


前日にテントが壊れた班は各テントに転換されました。


最終日

DSCF3777
早朝の樅沢岳。

DSCF3779
皆さん日の出を待ってらっしゃいますね。

DSCF3782
空が赤くなってまいりました。

DSCF3783
その3(前日参照)

DSCF3784
水晶岳ですね。

DSCF3786
これはいいドヤ顔ですね。

DSCF3791
拡大写真です。ビールみたいな色してます。

DSCF3796
そういえばこの花は道中よく見ましたね。

DSCF3799
ズーム無しだとこんな感じです。

DSCF3807
もう来ます…!!

DSCF3809
来ました!!!

DSCF3810
これが僕の1年の集大成です。


日の出を拝んだところで、いよいよ下山し始めます。
長かった合宿も今日で終わりです。

DSCF3813
槍穂高連峰。大キレットのへこみ具合がよくわかります。

DSCF3814
最初のポイントである鏡平に到着しました。ここまでかなり急な道を来ています。


ここからはかなりのスピードで下ったため写真がほぼないです。本当に申し訳ない。

DSCF3815
かなりのサイズがある雪渓もありました。

DSCF3816
もうほぼ下山してますね。

DSCF3817
雪の下を川が貫通していましたね。

DSCF3818
奥に見えるのが先ほどの槍穂高の写真を撮ったあたりですね。

DSCF3819
最後の休憩地点。


この後、無事新穂高温泉に下山し、そこで解散といたしました。


DSCF3820
ちなみにここが僕らの寄った温泉です。立派な建物ですね。

DSCF3821
お世話になりました。

また、ここを僕らに紹介してくださった宿の方には大変感謝しております。
有難うございました。





以上で夏合宿報告書は終わりです。
一年間、このような駄文に付き合っていただき誠にありがとうございました。
                                          2015年度10月31日  高校2年 牧元悠馬