こんにちは。
 先月代替わりをして、先代の牧元さんよりブログ担当を引き継ぎました高1の小原です。
 稚拙な文章力ですが、宜しくお願いします。

 では遅くなりましたが、早速先月の9月山行の報告を致します。

 9月山行報告書

・目的地:高柄山(山と高原地図「高尾・陣馬」)

・日程:9月27日(日)

・行程:四方津駅9:20出発
10:03~10:13小休止
11:08~11:18小休止
12:12~12:50高柄山山頂着、大休止
13:58~14:08小休止
15:14~15:24小休止
16:00上野原駅着、解散

・参加者:
高2
 川崎 哲太(L)
 久保 俊太(SL)
 今井 健太
 内山 貴裕
 後藤 光 
 清水 爽矢
 田邊新之助
 牧元 悠馬
 百合本大夢  
 渡邊 大祐
高1
 小原 健人
 小林 将大
 建石 航希
中3
 土井遼太郎
 外ノ池 拓
中1
 田中 春陽
 越井 丈朗
 野田 凛 
 田川 斗馬
顧問
 江田 雅人 
 山本 哲裕
 小林 裕門
 山内 崇史

・反省文:
高2
 川崎
ついに最後の山行となり、指揮を高1に任せたが、おおむね問題はなかったように思う。高2が引退すると部員の数が大分減ってしまうががんばってほしい。他の高1はしっかり小林のサポートをするように。

 久保
特に大過なく無事に山行を終えられて良かったと思う。景色が途中まで悪かったが最終的には晴れたし、道中もケガをすることなく歩けた。水が少し足りなくて小林から分けてもらった点は反省したい。次山に登る機会があったら水は多めに持っていこうと思う

 内山
山岳部として最後の山行だった。前後との距離を詰めて歩くのは危ない。足場の選択肢が狭められて余裕がなくなる。顧問含め気を付けるべきだ。最後に曇りとなったのは、景色はともかく快適に登れて良かったかもしれない。お疲れさまでした。

 後藤
おくれてすいませんでした。高尾駅に着いた時点でちこくが確定したのですが、実際にちこくのれんらくを入れたのが相模湖をすぎたあたりでした。高尾からちこくした部員が多かったため慢心していました。これ以降は部活がないので、この反省を部活にいかすことはできませんが、僕の人生において役立てようと思います。

 今井
今回は電車の遅延で遅刻してしまったこと以外は特に大きな問題もなかったと思います。今まで5年間迷惑をかけつづけた山岳部の活動も終わりだと思うと感慨深いものがあります。後輩の皆さんはケガのないようにがんばってください。

 田邊
遅刻以外は良かったと思います。お疲れ様でした。

 清水
反省文です他の人も書いているとおり、はじめの遅刻の件に関しては反省すべきだと思いました。一年半、お世話になりました。

 牧元
未提出

 百合本
後輩がけがをしていたにも関わらず、何もできず、また、普段からのトレーニングも毎日おこたらずにしていたら…と思った。

 渡邊
未提出

高1
 小林
高2のみなさん、今までお疲れ様でした。今回は高1のリーダー学年としてのデビュー山行ともいうべき山行だった。全体の反省点は統括に預けるとして、個人的な反省点を上げようと思う。一番の反省点は昼ご飯を忘れたことである。正確に言えば、ガスバーナーを忘れて、作って食べようと思っていた棒ラーメンを食べられなかった。これは個人の自由だと思うが、日帰り山行の昼食を調理するのは、悪天時はまとまった休憩時間が取れない、荷物が重くなるなど様々なリスクを考えるとおすすめできない。天気はそれほどよくはなかったものの、安全に楽しく山行を終えられて安堵している。

 建石
集合時間に遅刻したのは大きな反省点である。この事態は1本前の列車に乗っていれば回避できたので、そういう姿勢が重要だと感じた。また、川崎さんへの遅刻連絡を怠ったのも良くなかった。あとこの学年にまでなって地図を買い忘れたことはとても恥ずかしい。次回からは最高学年という自覚を持って行動したい。

 小原
反省点は3つ。靴ひもと隊列とペースである。靴ひもは部活内で講習会をできればいいと思う。中1で怪我した人がいたので、もっとペースダウンすべきだったし、隊列も乱すべきではなかった。先頭にはリーダーの声が聞こえる範囲のところにいてほしい。

中3
 土井
地図を間違えたにもかかわらず、先頭になってしまい道が分からず苦労をしてしまいました。その山がその地図に含まれているかをかくにんしてから行けば良かったかと思います。

 外ノ池
まず高尾駅に着いた時点で集合時刻におくれる事が確定していたのですが、その連絡をするのを忘れた事は反省点です。次に、先頭として後半ペースが速くなってしまった事が反省です。

中1
 野田
ザックの大きさを調整することができました。また、無理なく下山することができました。今回の山では歩き方の勉強になりました。次の部活から生かしていきたいです。

 田川
ザックはあれほど大きいものをもっていかないほうがよかったと思う。あとくつひもの結び方はしっかりすべきだと思う。ころばないように筋トレにもはげみたいです。

 越井
今回の一番の反省点は、電車が遅れて遅れることが確実なのに、何も連絡しなかったことだ。また、反省文を出すのも遅れてしまった。それ以外は、いい山行だったと思う。

 田中
未提出

・新部長のコメント:
 今回の山行は高2の方々にとって最後の山行となった。まずはこれまで一年間部活を率いてくださった先輩方に感謝の意を表したい。今まで本当にありがとうございました。
 さて、山行での全体的な反省点は大きく2つあったように思う。1つ目は、大勢の遅刻である。電車の遅延による遅刻だったので仕方がないが、川崎さんに連絡があったのは顧問の小林先生だけだったそうだ。誰がどういった事情で、どの程度遅れるかを把握できないと対応ができないので、今後は連絡を入れるようにしてほしい。2つ目は、靴紐の結び方である。特に中一だが、靴紐の結び方が甘い者が多い。それが原因で隊列の歩みが止まったり、足を痛めたりと全体に迷惑をかけることにつながるので、普段の部活の中で指導していきたい。
 最後に、報告書が遅れて申し訳ありませんでした。

・写真:
IMG_1760

駅から登山口への道中。登山道まで結構長かったです。


IMG_1762

次代を担う中1部員の背中。


IMG_1765

ゴルフ場に向かう車道。

IMG_1766

登山道を横切る車道。

IMG_1769

幻想的な霧(天気が悪いだけです)

IMG_1770

午後には晴れました。猫が三匹、屋根の上で日向ぼっこ。

IMG_1772

一級河川・相模川。


 報告書は以上です。

 山岳部の中で大勢を占めていた高2の方々が引退されるというのは厳しい現実です。
 先輩方の人数が多かった時期の山岳部を過ごした我々高1にとって課題は多くある気がします。
 まだまだ先輩として執行部として未熟な高1ですが、新たな山岳部の時代を乗り越えられることができればと思います。

 以上です。