2017年度2月山行 2回目 報告書
目的地 滝子山
日程 2月18日
参加者
高1
布施田大真  加藤壮一郎 長満 和樹  石橋 拓人 
中3
田中 春陽 越井 丈朗 田川 斗馬 
中2
青野 颯 稲垣 陸生 戸高 應佑 持丸 東己 工藤健太郎    中1
畠山 開登 
顧問
江田先生、小林先生

欠席 戸高 けがのため

予定
笹子駅8時30分集合、8時40分出発→道証地蔵10時00分→滝子山山頂13時20分→林道終点15時30分→初狩駅16時15分着、解散
記録
8:45発 笹子駅
9:42着 地蔵
9:52発
10:56着 氷の上
11:07発
12:05着 雪の上
12:14発
13:00着 山頂
13:20発
14:15着 雪無し
14:25発
15:14着 最後の水場前のベンチ
15:30発 アイゼン装着
16:17着 アイゼン外し
16:22発
17:02着 初狩駅

総括
今回の山行でアイゼンの装着のタイミングの判断の難しさを痛感した。これからは今回のようにタイミングを誤らないようにしたいと思った。
また、登りの際道を間違えることが複数回あったので、先頭はもちろん他の部員も正しい道を歩いているか注意を払うように指示するようにする。
今回の山行で感じた反省点はこれら2点です。

反省文
布施田
今回の山行は長時間の歩行を目的にした。長時間の歩行及びアイゼンをつけての歩行ができて良かった。下山の際、予想より凍っている道が長く時間がかかってしまった。反省点としてアイゼンをどこでつければ良いかの判断が出来なかったことが挙げられる。今後の山行では適切な判断ができるようにしたいと思います

長満
今回の山行は昨年と同じ滝子山へ行きました。長時間の歩行だったものの全員バテたりせずに歩けていて良かったと思います。反省点は、アイゼンをつけるタイミングが悪かったかなということです。次はもっと早く判断したいと思います。

石橋
今まで参加した山行の中で最もアイゼンのよさを痛感した山行だった。アイゼン装着時に前の人ともう少し距離をとればよかったと思った。

加藤
今回の山行は日帰りの山行にしては中々辛い山行でした。特に帰りは凍結しているところが多くアイゼンを履く場所も無かったので、降りるにかなりの時間と体力を費やしてしまいました。これからは上りの状況から、山頂でアイゼンに履き替えるか判断した方が良いと感じました。

田川
すでに何回か来たので大丈夫だろうとあまり地図を確認していなかったため、道を間違えかけた。次はしっかり地図を確認しておきたい。あと右手を若干痛めた状態で登山したため、登りで頻繁に転んだりすぐ立ち上がれなかったので次からは無理な参加は控えたい
下山時にあまり転ばなかったのは良かったが後ろの指示が届いておらず圧力があったこともあり配慮が足りなかった

田中
今回の山行で反省すべきなのは、やはりアイゼンいつ着けるか、外すかということだと思います。帰りの道で凍っていてかなり危ない所があり、実際転んだ人も多くいました。しかしこれは、顧問も言っていた様に難しい問題であり、着けたくても場所がない、いざ着けるとあまり雪や氷がないなど多くの課題があります。私はこの問題を積極的に部活内で話し合うべきだと思います。

越井
今回の山行では、先頭をしたが、事前に計画書をよく見て来ず、そのため、少し混乱してしまった。今度からも、少し事前に調べてからくるようにしたい。
今回は地図を出しやすい場所に入れていたため、先頭をすること日なっても対応できた。続けたい。
今回はあずさには一本早めの電車を取ったので、それも続けたい。
一方で、事前に交通について調べるのを忘れたり、準備は遅れたりした。準備は早く終わったが、改めたい。
アイゼンをつけるタイミングだが、アイゼンをつけることは中1に体験させることができてよかったと思う。つけるタイミングについてだが、難しいがあそこで少しでのつけてよかったと思う。ただ、訓練をするつもりで来たなら、もっと早めにつけていてもよかったかもしれない。
また、今回は事前にカメラのメモリーを開ける時間がなかったので、写真がよく撮れなかった。常に開けておくようにしたい。
時計を充電でき、持って来れたことと、早めに新宿でお昼ご飯を変えたところはよかった。
今回は非常に早く反省文をかけたので、続けたい。この調子で片付けもして、団装も返したい。

青野
今回の山行は富士山が綺麗でした。
学割を取り忘れたのでちゃんと取ってから行くことを心掛けたいと思います。

稲垣
今回の山行はアイゼンを使用した歩行に不安を感じました。
アイゼンをつけてから転んでしまったり転びそうになりました。
今後の山行を通じてアイゼンを使用した歩行になれていきたいです。

持丸
今回の山行では全体としては大きな問題はなかったと思う。
個人の反省点としては、アイゼンを調節したはずなのにさゆうで微妙にズレていて手間を取ってしまったことと、下山の際多少危ない道を通ってしまったこと。
冬山は夏山以上に危険なので今後はより慎重に安全な道を通るようにしたい。

工藤
僕は今回の山行で一つも忘れ物をせず、遅刻もせず、個人として悪いところは無かったと思います。団体としても、一人来れなかっただけで、アイゼンのつけるタイミングも間違っていなかったようですし、ペース配分も道が凍っていて少し手間取っただけで、特に悪かった点はなかったように感じます。

畠山
今回の山行ではアイゼンの調整と取り付けが上手く出来ませんでした。なので、家で練習して来ようと思いました。

写真
D39CCB6A-412E-4969-AAE6-3F957255AD98

登りの様子。雪混じりの樹林帯が続きました。
2537C15C-64AC-474A-9C5E-A8DD8494C057

山頂からの景色。きれいです
E35B06FE-F656-4957-BDD6-426DD1395C9B

山頂で集合写真
64F331B0-4B43-4A60-903C-2A19329479FA

初狩側の登山口です
4F5FEC5E-6F0C-48C5-AF46-01D2C01C1D6E

登山口からは公道をあるく
743FF4D2-F7B2-44EA-9359-81AE6187AD9D
743FF4D2-F7B2-44EA-9359-81AE6187AD9D

解散の初狩駅。お疲れ様でした