6月に入って2月の更新してるのアホすぎじゃないか

(1)目的地:北横岳
  日時:2月24日(日)
  目的:アイゼン・ワカンの歩行訓練

(2)参加者
高1 竹迫、田川、河村、越井、田中、梶原、(オズボーン)
中3 青野、櫻井、戸高、工藤、持丸、(稲垣)
中2 畠山、古川
中1 羽柴
顧問 山本さん、(山廣さん) ()内は欠席者

(3)行程
計画書の行程
9:15茅野駅集合

9:25タクシー乗車

10:10ロープウェイ山麓駅

10:30ロープウェイ乗車

10:40山頂駅着

10:55出発

12:55北横岳山頂

13:10山頂発

14:40山頂駅着

14:50ロープウェイ乗車

15:00山麓駅

15:10タクシー乗車

16:00茅野駅着、解散

実際の行程
9:15茅野駅集合

10:00山麓駅着

10:40ロープウェイ乗車

10;47山頂駅着、アイゼン装着

11:06山頂駅発

11:57北横岳ヒュッテ

12:34北峰に登頂

13:30山頂駅着、アイゼンを外す

14:00ロープウェイ乗車

14:07山麓駅着、解散

14:45茅野駅行バス乗車

15:43茅野駅着

(4)総括
1月に実施できずにいた、北横岳を目指しました。当初雪が多いのではと心配していたのですが、地元の方が仰っていたように、雪は少なく、非常に歩きやすい行程だったのではないでしょうか。しかし、一方では、ワカンを装着出来ず、山行の目的を達成するという意味では、疑問が残る結果となりました。実は今年の冬ではまだ一回もワカンを使っていないのです。(使える環境にないという方が正確でしょうか...)筆者、かなり春合宿に危機感を抱いています。
個人としての反省点は山ほどありますが、概ね良好な山行だったと思います。それでは、各参加者の反省文に移ります。

(5)反省文
高1
竹迫
ワカン歩行訓練に関しては、総括で述べたとおりなので、ここでは割愛する。
今回の反省点は、計画の甘さである。概ね問題は生じなかったのが奇跡のようなものだ。
まず、前日にタクシーの予約を試みたものの、満車と言われてしまったことである。最終的に、当日の行きの特急で予約できたが、今後はもっと早く予約すべきだった。反省している。
さらに、アイゼン装着後に、出発前の準備体操を失念していた。いきなり動いてしまうと、足が痙るなど、けがの原因となってしまう。非常に申し訳ないです。
最後にアイゼンの点検が必要だと感じた。山行中にアイゼンの金具が外れる事案が発生したためである。
顧問の遅刻に関しては、他の反省文で触れているだろうから、触れない。

越井
今回の山行では、目的に対してあまりラッセルなどの訓練ができなかったので、時期を踏まえて目的を考えた方がよいと思った。また、ラッセルをするために立ち入った場所か国立公園だったようなので、気をつけるようにしたい。準備体操のことがすっかり頭から抜けていたので、気をつけたい。

田中
今回の山行では、歩いた時間がそんなに長くなかったり天気もよかったりしたことから、良い山行だったと思う。特に以前の山行の強風状態と比べると穏やかにもほどがある天気で、ダウンを着て歩くにはちょっと暑いくらいだった。
 反省すべき点をあげるなら、個人だけでなく部活全体として一度道具の点検をすべきではないだろうか。戸高のアイゼンが途中で分解してしまったのは、普段の山行では危ういことのように思える。
 総括すれば「お日柄も良くいい山行だった」という所だろうか

河村
今回の個人的な山行の反省点はハンカチを忘れたためにトイレに行った後が辛かったことである。次は善処したい。
全体的な反省点としては、アイゼンが外れすぎだったことだろうか。歩き始めてすぐに外れていた人もいたために、靴との相性やアイゼン自体の点検もする必要があると思った。


梶原
アイゼン壊れるの良くないと思いました。
靴紐を占めていなくて足が痛かったので次からはしっかりしめます

田川
なんとか電車に間に合ったのは良いが例のごとく全力疾走によるものなので次こそは時間に余裕を持って出発しなければならない。その他は天気も良く個人的にはそこまで反省するところもないのだが、アイゼン外れが余りにも多かった。自分も以前まで何回もアイゼン外れで迷惑をかけたので批判できないが、性善説に基づくとそもそもアイゼンに外れがあると考えざるをえなく、一度点検を行う必要がある。それはそうと引き続きアイゼンは小さめの設定を心掛けるべきだと自分は思う。

中3
工藤
今回の山行は、アイゼンとワカンを使う訓練をするために行きましたが、雪の量の都合により、ワカンの訓練は行えませんでした。
また、今回の山行では、アイゼンが外れるといったことで隊が止まることがありました。そのうちの1回は私が前の人のアイゼンを踏んでしまったことが原因です。これについては、非常に反省しています。景色が綺麗だなあ、と気を抜いた直後のことだったので、アイゼンを踏んでしまった理由はすぐにわかりました。夏冬関係なしに歩行中に気を抜くといったことは自殺行為なので、自分が言えることではありませんが、他の部員にも気をつけてもらいたいと思います。
山登りとしては、非常に軽い行程でしたが、よく晴れていて、いい山行だったと思います。

戸高
今回の山行は天気に恵まれ良い山行になったと思う。反省点としては、アイゼンの後ろ部分に隙間があり、そこに雪が挟まりアイゼンが外れやすくなっていたので、しっかりとアイゼンの点検を行うべきだと思った。一人でやりきってくださった顧問の方に感謝したいと思った。

櫻井
前回北横に登った時は見事に吹雪かれたが今回は晴れ渡り、風も弱かったのでとても登りやすく感じた。ただそれが裏目に出て柔らかい新雪がなく、春合宿に向けた目的の一つであるラッセル訓練ができなかった事が反省点としてあげられる。また、生徒の1人として顧問が連絡なく欠席するという事態に非常に困惑している。
冬山で飲む味噌汁はとても美味しかったのでこれからの日帰り山行に積極的に取り入れていきたい。

青野
今回の山行では、先頭を任され、ラッセル訓練を行うための適切な場所を探す旨を伝えられていたにも関わらず、適切な場所を見つけることが出来ず、山行の目的を達成できませんでした。
また、ピッケルの紐が途中でほどけてしまったため、アイゼン、ワカン、ピッケルの点検はより入念に行うべきだということを実感できました。

持丸
今回の山行では天候も良く、比較的順調に進んだ。
序盤、アイゼンの装着が完璧でないゆえに何度か立ち止まることがあり今回は状態が良かったため大きな問題にはならなかったが合宿などでは問題になる可能性があるため引き続き取り組むべき課題だと感じた

中2
畠山
今回の山行では、生徒の遅刻や欠席がなく、素晴らしいと思います。しかし、僕は電車の中に帽子を忘れてしまったので、次からしっかり確認したいと思います。

古川
今回の山行は生徒の遅刻もなく、持っていく水の量もちょうどよかったのでいい山行だったと思います。

中1
羽柴
今回は(珍しく)遅刻した方がいなかったので、とても良いと思った。
アイゼンの長さの調節ができていなかった上、アイゼンのつけ方を間違えていたので、気をつけたい。
山頂からの景色は壮大で、八ヶ岳や、南アルプスや北アルプスが一望できた。
とても綺麗な場所だったので、また行きたいと思った。

<写真>
とても綺麗な場所だったんですが写真はまだない。

別に忘れてたわけじゃないですよ ホントに
田中